コーチング・メニュー & お客様の声

私のコーチングは、”自分らしさ”を大切にしています。

他の人の成功モデルや成功本に書いてある内容をそのまま真似しようとして続かなかったことありませんか? 意思の問題ではなく、自分に合ったものではなかったからなんです。私のコーチングでは、自分らしい、ビジョン(将来ありたい姿)やミッション(本当に大切にしたい価値観)を明確にします。そして、それらを実現するために短期・中期的に必要な目標を立て、それを実現するための、自分らしく持続するアクションプラン(方法、やり方)を考え、実行し、ふり返るプロセスを踏んでいきます。

自分らしいからこそ、頭(思考)と心(感情)の両方で腹落ちし、どんどん行動したくなり、続くのだと考えてます。

また、私のコーチングは、引き出すコーチングです。ご自身の中にあるけれど、普段の思考パターンでは中々出てこない、アイディアや考えを引き出すよう関わっていきます。”アルキメデスがお風呂の中で物理の法則を発見した”のと同じような状態を作るお手伝いと言えるかもしれません。ご希望があれば、私の経験から出来るだけのアドバイスもいたしますが、基本はご自身に考えてもらいます。沢山の方に関わってきて感じますが、どれだけ多くの考えやアイディアがご本人の中にあるかは驚きですし、ご自身で考えて納得して決断するからこそ、行動につながるようです。

コーチング・メニューは、ベンチャー企業やスタートアップ企業の経営者のためのエグゼクティブ・コース、キャリアに前向きに悩む方のためのキャリア・コース、その他、コーチングがどんなものかを実感して頂き、且つ私との相性を見て頂くために体験セッション、「心のブレーキを外す」セッションを設けております。


メニュー

エグゼクティブ・コース

月1回:5万円+実費
月2回:7万円+実費
※実費は、カフェやラウンジなどを使用した場合のご自身のお茶代です。


キャリア・コース

月1回:3万円+実費

月2回:4万円+実費

※実費は、カフェやラウンジなどを使用した場合のご自身のお茶代です。

尚、オンラインサロンの参加者は初回は無料、それ以降は1万円/回でコーチングを提供しています。

体験セッション
5,000円+実費

※実費は、カフェやラウンジなどを使用した場合のご自身のお茶代です。

心のブレーキを外すセッション

30,000円+実費

※実費は、場所代です。


お客様の声

しゃかいデザイン株式会社            代表取締役社長 宇田川燿平様

和気さんのコーチング

「こういうこと!」

まさにその時に自分の中にあったグチャグチャな思考と感情の塊が吹っ飛んだ。これこそ私が和気さんのコーチングを受けて体験した感激である。「ツッコミが面倒くさいな!」とか「何でこんなこと聞くのだろう?」とインタビューの最中思っていたものの、自分の中に眠っている答え(自分が納得できる結論)を自分でみつけるためのプロセスだったのだ!

私は「決めたくないことを決める場合」、「迷った場合」に決断を先延ばしにしてしまう。目先のことばかりに気を取られて、長期的なことに頭が回らなくなっているのだ。こんな時に、時間という空間の中を鳥のように飛べたらどんなに良いだろうかと思う。和気さんのコーチングを受けて思ったことは、「空間の中をジャンプできた!」と思えたことだ。繰り返しになるが、「見えたのだ」。これは山に登って、風景を見る体験に似ている。ジャンプできるのは一瞬だ、困ったときには和気さんに翼をもらいに行こうと思う。

しゃかいデザインHP

Veam Inc. Founder & CEO 内古閑 宏様

和気さんのコーチングは、個々人の置かれている状態や状況を中心に据えたセッションなので、自分の足りない部分を指摘されてそれをどうにかしよう、というようなものではなく自分とその置かれている状況を認識した上で次の必要な行動へとつなげてもらえるものでした。

答えは自分の中にある、内なる声に忠実に、などと言われますが、その答え、声、を引き出せるよう導いてもらっているように感じました。自らが「気づける」状態に連れて行かれるような印象です。

私が今でも愛用している問いかけは、「本当はどうしたいのですか?」という設問です。問題の中に埋もれてしまうことが多いので、この問いかけで自分の想いの原点に立ち返って次の行動を考えられるようになります。本当に自分が行きたい方向に行くには、次にどうすることがいいのか。周りの状況を分析し配慮する余り自分自身が足枷になっていたりするものです。

抽象的なアドバイスではなく、自らが気付いて具体的行動へ移れるようにするコーチング、それが「和気式」コーチングなのだと思います。自らが気付くようになるセッションなので、爽快感のようなものが残ります。お薦めです。

Veam HP

株式会社サイル 代表取締役社長 栗原 康太様

和気さんのコーチングを受けるようになって感じた最大の変化は、自分一人では重すぎて開けようとしなかった蓋を開けられるようになった、ということです。

その重い蓋の中には、「事業のミッションやビジョン」「自己実現」「人間関係」などなど、日々の業務に追われると後回しになりがち。

しかしながら、本当は最優先すべきものが入っていました。月に1回のコーチングを通して、それらのことにしっかり向き合い、アクションを打つようになったことで、大袈裟な話ではなく人生が加速しているのを感じています。

忙しくて、自分の中のモヤモヤに向き合う時間が取れていない方におすすめです。

SAIRU HP

Innova CEO 宗像 淳様

Executive Coachingに関しては、もともと興味がありました。GE Japanの元藤森社長が、GE社内でコーチングを重視している話を聞いていたからです。また、経営者としては、多くの経営課題に直面しますが、その中でも一番大きいのが「人」の問題。良い人に集まってもらい、成果を出してもらう、これは、僕自身の人間的な魅力を上げる事、組織としてのマネジメント力を上げる事が必要でした。

和気さんとのセッションがスタートして3ヶ月位ですが、かなり効果を実感しています。和気さんとの会話を通じて、自分にとって本当に重要な事が何か、なぜそれをやるべきなのか?が引き出して頂けると感じています。今までは日々の業務に追われて、将来のビジョンを作ったり、人を育てたり、組織や制度を作るなどの事が出来ませんでした。今は、最優先で対応しています。そして何よりも自分をコントロールできるようになり、会社の未来、自分の未来を自分で作れるようになっている感じがしています。

Innova HP

ビストロアンバロン代表 両角 太郎様

東大を出て安田火災に入社し、アメリカでMBAを取得して、ゴールドマン・サックスで10年間ほど勤務した後に西麻布にビストロアンバロンを開業した両角太郎さん、私のクライアント第一号のお声です。

「コーチングを受けるようになって変わったことは、コーチとミーティングをしている時以外の時間においても、自分自身に対してコーチのように問いかけを出来るようになったことである。

何をすべきか?というある意味強迫観念に迫られる考え方ではなく、自分はなにをしたいのか?という前向きな思考回路を追求できるになった。

ビジネスのオーナーとして収益を追求することは至上命題ではあるが、同時に、自己実現ということも宮仕えではない者の特権として考えるべきことであり、この意味においてコーチングは有意義である。

定期的にコーチングを受けることは、その時々の課題を見直すために有効であるが、それ以上に自分の気持ちをリセットする効果があると思う。初心に帰ってフレッシュな気持ちでビジネスを見つめるうえで、定期的なミーティングはマストである。」

ビストロアンバロン HP